ポスティングの効果はどのくらい?効果を高める方法

宣伝方法の一つとして、チラシのポスティングがあります。
CMなどの宣伝広告より、費用が少額で済むため、多くの企業が利用しています。
そのため、宣伝方法の一つとして、ポスティングを考えている方は一定数いるでしょう。
しかし、ポスティングをしたあとに効果をいまいち感じられなかった方もいるのではないでしょうか。
ポスティングにも効果をより高める方法があるのをご存知ですか?
今回は、ポスティングの効果を高める方法についてご紹介していきます。

ポスティングのメリット

SNSの普及により、宣伝方法が変化しつつあります。
ネットであれば、チラシの印刷代なども掛かりません。
しかし宣伝方法としてポスティングを行う企業があります。
では、実際にポスティングをするメリットはどういったところにあるのでしょうか。
今回は、4つのメリットをご紹介します。

即効性がある

まず一つ目のメリットが即効性です。
みなさんもチラシが投函されていた場合、無意識のうちにチラシの内容を確認していませんか?
ポスティングは、お客様のポストに投函されるため必然的にサービスの宣伝が行えます。
そのため、ほかの宣伝方法よりもお客様の目に留まりやすい特徴があります。
チラシの内容を確認して、必要と感じたお客様からの反応は非常に速いです。
宣伝方法で即効性を重視したい場合は、ポスティングが効果的です。

認知していないユーザーにアプローチできる

ポスティングは、サービスを認知していないユーザーにもアプローチが可能です。
ポスティング内容によっては、配布地域の全住宅にポスティングを行う場合があります。
普段、認知していなかったサービスが、チラシなどによって認知されるようになります。
また昔は、新聞への折込チラシが主流でした。
しかしSNSの普及により、新聞を受け取らない家庭が増えています。
そういった場合でも、ポスティングであればポストに直接、投函ができます。
そのため、新聞を購読していない家庭へのアプローチも可能です。

タイミング・エリアの自由度が高い

タイミングや配布エリアの自由度が高い点もメリットとして挙げられます。
予算やアプローチしたい顧客によって、ポスティングする場所や配布枚数の細かい設定が可能です。
ポスティングは直接ポストに投函するため確実にお客様の手元に届きます。
そのため、配布するタイミングを図る必要はありません。
チラシを受け取ったお客様次第になります。
エリアによってアプローチ方法を変えたい場合は、ポスティングを利用しましょう。

集客コストが抑えられる

集客コストが抑えられる点もメリットではないでしょうか。
よく比較されるダイレクトメールですが、一般的な相場は80円前後です。
しかしポスティングの場合は、1枚あたり数円から依頼が可能です。
そのため、手軽に行える宣伝方法になります。
またWEB広告とは違い、料金設定が分かりやすい特徴があります。
1枚あたり金額で料金が決まるため、宣伝費の管理がしやすく、できるだけコストを抑えたい場合は、ポスティングでの宣伝方法が利用しやすいでしょう。

関連記事>>ポスティングの費用や業者の選び方

ポスティングの反応率

ポスティングの反応率は、0.01〜0.3%前後が相場です。
一万部のチラシをポスティングした際に、1件〜30件前後の反応があります。
本人宛のダイレクトメールの反応率は24%前後と言われています。
ほかの宣伝方法に比べて、ポスティングの反応率は圧倒的に低いです。
しかし継続してポスティングすると認知度が向上するメリットがあります。
またチラシを直接投函できるため、ターゲットに対してダイレクトにアプローチを行えます。
配布後に効果測定を行い、改善点を修正していき継続してポスティングすれば、反応率が上がっていくでしょう。
ポスティングは、即効性はもちろんですが、長期的な視点をもって取り組む姿勢も大事です。
また業種によって、ポスティングの効果を感じられやすい企業もあります。
下記で詳しい内容をご紹介します。

効果が得やすい企業

ポスティングは、長期的な視点をもって継続して行う必要があります。
主に効果が得やすい企業は、下記になります。

  • 飲食店
  • デリバリー
  • 美容室
  • ネイルサロン
  • マッサージ
  • 不動産
  • 引越
  • 人材派遣

全国展開している大手企業よりも、地域密着型の企業のほうがポスティングの効果が得られやすい傾向があります。
ポスティングは、エリアや条件を限定したほうが相性がいいでしょう。
地域密着型でポスティングの導入を検討している場合は、配布エリアを特定できるメリットを活かしてみてください。
また配布エリアは、徒歩何分圏内や自動車何分圏内など、さらに配布エリアを細分化しても良さそうです。

ポスティングの失敗する原因

効果的なポスティングができなければ、失敗してしまう場合があります。
では、ポスティングを失敗してしまう原因はどこにあるのでしょうか。
いくつかの例をご紹介します。
ポスティングを取り組む際に気をつけるポイントとなります。
失敗しないためにしっかり理解しておきましょう。

セグメントが曖昧

失敗してしまった原因としてセグメントが曖昧になっている場合があります。
ポスティングはエリア指定が可能な宣伝方法です。
むやみに配布エリアを広げてしまうと、配布枚数に対しての効果が感じられない場合があります。
配布エリアの候補が複数ある場合は、優先順位を決めましょう。
さらに軒並みや戸建てのみといったポスティングの配布方法の分類も必要です。
ポスティングの効果が感じられなかった場合は、配布エリアの見直しなどを行いましょう。

デザインがターゲットに合っていない

続いて考えられる原因は、デザインがターゲットに合っていない場合です。
派手なデザインでも、ターゲットの目に留まらなければ意味がありません。
ポスティングは、直接ポストにチラシを投函できるため確実にターゲットの手元に届きます。
配布後にあまり効果を感じられなかった場合は、デザインの見直しも行いましょう。
競合他社のデザインなどを確認してみて、ご自身のチラシに改善点が無いか確認してみましょう。

掲載内容にインパクトがない

掲載内容にインパクトがない場合も、ポスティングを失敗してしまう原因です。
チラシを手に取った際に、端から端まですべてに目を通す人は多くありません。
パッと見たときに、どういったサービスを提供しているのかなど簡潔に理解できるチラシを作る必要があります。
目に留まりやすいようにインパクトのあるチラシを製作しましょう。
キャッチコピーや伝えたい内容は、紙全体の3分の1以上のサイズで記載します。
また、文字だけではなく画像なども積極的に取り入れましょう。
ビフォーアフターなどの変化の画像を取り入れるとさらに効果的です。

継続実施していない

1回のポスティングで効果を実感するのは難しいでしょう。
初めて入っていたチラシに興味を持って、連絡してくれるお客様は少ないでしょう。
何度も継続して実施し認知してもらう必要があります。
単純接触効果と言って、人は何度も繰り返し見たものを好きになる特性があります。
そのため、継続してポスティングを行い、競合他社との差別化を行いましょう。
目安としては、週に1回程度が理想です。
効果的なポスティングを行いたい場合は、定期的なポスティングが必要となります。

ポスティングの効果・反応率を高める方法

失敗する原因を踏まえたうえで、ポスティングの効果をより高める方法はあるのでしょうか。
今回は、効果をより高める方法を5つご紹介します。
効果的なポスティングを行うために、しっかり理解しておきましょう。

ターゲットを絞り込む

自分たちの商品を、誰に売りたいのか、まずはターゲットの絞り込みを行いましょう。
ターゲットの絞り込みが出来れば、配布エリアが決まります。
徒歩何km圏内や車で30分圏内など、実際にサービスの利用が見込める範囲を設定しましょう。
そして配布エリアが決まれば、配布方法です。
軒並みや戸建てのみなど、予想される住居形態にポスティングを行いましょう。
ターゲットを理解していれば、アプローチの仕方が変わりポスティングの効果がより高まるでしょう。

自社にあった配布方法を選ぶ

多くの人にサービスをして欲しいからと言って、予算をオーバーしてポスティングする必要はありません。
配布方法はエリアによって大きく異なります。
例えば、都心部は4人に1人が一人暮らしと言われています。
世帯を持たない人が多い都心部に、ファミリー向けのチラシを投函しても配布枚数に対しての効果は実感しづらいでしょう。
都心部でも軒並み投函するのではなく、戸建てのみに投函したり、集合住宅にのみ投函したりと配布方法を変える必要があります。
ポスティングを行う際は、自社にあった配布方法を選びましょう。

継続して 行う

ポスティングの効果をより高めるには、継続してポスティングを行いましょう。
1回のポスティングで、満足度の高い効果を得られるのは難しいでしょう。
継続して行えば、徐々に認知度が上がり効果を感じられるようになります。
過度なポスティング頻度は、クレームにもつながる場合があるため見極めが必要です。
週1回程度を目安に、ポスティングを行いましょう。
数回に一度、チラシのデザインや内容の見直しを行うとより効果を実感できます。

効果測定を 行う

ポスティングの効果をより高めるために効果測定は必要です。
専用のフリーダイヤルを設ければ、番号での集客数が分かります。
来店されたお客様には、アンケート用紙などの記入に協力してもらいましょう。
さらにチラシからの予約限定の特典なども用意すると集客アップに繋がります。
次回のポスティングを行う際の、改善点も見つけやすくなります。
そのため、配布後は必ず効果測定を行いましょう。
測定と改善を繰り返し行い、ポスティング効果をより高めましょう。

曜日を変えて配布する

毎週同じ曜日にポスティングを行い、効果が見られない場合は、曜日を変更してみましょう。
多くのチラシは、土曜日に投函されるケースがほとんどです。
反対に、一番チラシの投函が少ない曜日は木曜日になります。
仕事などで時間に余裕がなく、手に取ってもすぐに捨ててしまうケースが多いようです。
しかしライバルが少ないため目に留まりやすい特徴もあります。
数週間ごとに配布する曜日を変えて、集客率をより高めましょう。

ポスティングの効果測定の方法

ポスティングは、継続して行う必要があります。
しかし同じチラシを何度も配布しても集客率は上がりません。
ポスティングの効果をより高めるために効果測定は必要です。
では効果測定には、どのような種類があるのでしょうか。
それぞれ確認してみましょう。

クーポンをつけ、持参してもらう

まずは、チラシを持参してもらう方法です。
チラシに「来店する際は、チラシを持参してもらえれば5%オフ」などといったお得なクーポン券を記載しておきます。
チラシの持参枚数によって、ポスティングの効果測定が行えます。
正しい効果測定を行うために、「チラシを持っていくとお得になる」といったメリットの記載が必要です。
クーポンをチラシにつける際は、有効期限も併せて記載しておきましょう。
季節やポスティングの期間によって、クーポン金額を変更してみましょう。

ポスティング専用のLPを用意する

チラシからの予約専用のLP(ランディングページ)を設けるのも効果的です。
LP(ランディングページ)とは、チラシに記載しているURLを開いた際に、一番はじめに表示される画面を指します。
専用のLPに訪問履歴があれば、チラシ経由となるため簡単に効果測定が行えます。
アクセスを増やしやすくするために、URLのサイズを大きく表示させましょう。
また手軽にアクセスできる点から、QRコードの記載も最近は人気です。
チラシを確認したあとに、自然に目に留まるようなデザインを工夫してみましょう。

専用フリーダイヤルを設ける

チラシに専用のフリーダイヤルを記載しましょう。
専用のフリーダイヤルを設けると、チラシの顧客とそれ以外の顧客で簡単に分けられます。
そのため、電話の本数=集客数と効果測定が簡単に行えます。
番号の発行に費用は掛かりますが、管理的な部分を考えると非常に利用しやすいでしょう。

効果を高める方法を積極的に取り入れよう

いかがでしょうか。
今回は、ポスティングの効果を高める方法についてご紹介しました。
効果を高めるためには、継続してポスティングする必要があります。
また長期的な視点をもって、改善をしながら取り組む必要があります。
ほかの宣伝方法と比べて、反応率は圧倒的に低いです。
しかし繰り返し改善を行えば、知名度の向上や反応率のアップにも繋がります。
ポスティングの効果が感じられない場合は、チラシの見直しやターゲットの絞り込みを再確認してみましょう。
チラシを手に取った時に、どういったサービスをどの人に向けて提供しているのかを簡潔にわかるような工夫をしてください。
自分たちのニーズにあったポスティング方法を確立して、競合他社との差別化をはかりましょう。

 

株式会社ポッスルでは、滋賀県・岐阜県内でのポスティング・チラシの作成を承っております。
全国での対応も可能でございます。リーズナブルな価格でお客様に寄り添ったサービスをお届けしております。
滋賀県、岐阜県のポスティングならポッスルにご相談ください。